ははのひ。

母の日に、

まま何が欲しい?

と聞かれ、

軽自動車!
冷蔵庫!

と、本当に欲しいものをねだるわけにもいかないので、

めいちゃんとみくちゃんが作ってくれたごはんが食べたい!とリクエストしました。

といわけで、ふたりで、今シーズン初の
『冷やし中華』
をつくってくれることになりました。

画像

作り方チェック中。


もちろん、上にのせる具材作りも、おふたりで。
サポート、パパ。

ママ、録画していたドラマ観賞☆

パパ、手を出したいけれど、口だけ出すようにがんばったみたいです。

卵割る、混ぜる、油ひく、焼く、ひっくり返す、取り出す、切る。
ハム、きゅうり、ミニトマト、切る。
麺茹でる。
お湯を切る(ココだけはパパがやったらしい)。
盛り付ける。

大人にとって、冷やし中華は手抜き料理、というか、すぐできて楽な料理、って感じですが、
ふたりの手にかかると、、、長い長い。


画像

画像
画像

やっぱりパジャマ。(笑)



そして、完成形。
画像


お!想像以上に立派。
卵が焦げてるとか、きゅうりが丸かじりぐらいデカい、とか想像していたけれど、かなり良いできでした。

パパ、口出しすぎたかな?と、ポツリ。


味はもちろん、今まで食べた冷やし中華の中で、一番!おいしかったです。


みく撮影↓
画像

めいみくちゃん!ありがとう!!
ちなみに、母、髪切りました!


GW後半の写真。
近場にキャンプに行きました。

釣り堀で、釣り。
画像
画像

めい、すぐ釣れました。ニジマス。


よし、つぎはみく。
画像
画像

うーん。


うーん。




なかなか釣れません。

画像

あっ、座っちゃった・・・



みくさんの機嫌ががどんどん悪くなっていきます。

にじますさーん、空気読んで~
と、心の中で、お願いするちちはは。

そろそろ、爆発寸前?そろそろ、ヤバい気が・・・

と思ったその時!!


空気を読んでくれたニジマスさんが、かかってくれました。

いざ釣れると、ビビっている↓
画像

画像

このニジマスさんは、水田家の平穏を保ってくれた、恩人です。恩魚?

ありがとう、ニジマスさん。


今回のキャンプは、料理を頑張る!というテーマのもと、

☆晩ごはん
海南鶏飯(シンガポールチキンライス)、
サムギョプサル(韓国風豚バラ焼き肉)
+ニジマス焼き

☆朝ごはん
焼きおにぎり、
豚汁

と、頑張りました。
が!!!

一番美味しかったのは、コレ↓
画像

焚火の中で焼く、サツマイモ、は絶品です。
シンプルイズベスト、なんですかね。


そして、今回のキャンプは、みんな、ヘマをやらかしました。

みく。
晩ごはんのお米を洗い場で洗って、サイトに持って帰る途中で、コケル、そして、お米、半分ほどこぼれる・・・泣く。
朝ごはんの分から、補充しました。2合ずつしか持って行ってなかったので、ギリギリの量でした。
今度からは、余分に持っていこうと思ったママでした。

パパ。
晩ごはんの海南鶏飯の水加減。
母が適当に入れてきた水を見て、少ないんちゃう?とドバーっと水を足す。そして、やっぱり、リゾットに・・・
母の水加減、たぶん、ちょうど良かったんよ~♪と、調子に乗る母。

ママ。
豚汁のための、味噌を忘れる・・・これは、かなり、ショックが大きかった。
塩、荷物に入れたつもりだったのに、忘れる。


めいは、なんにも、やらかしてないね~
って言いながら寝たら、朝、めいさん、やらかしてしまいました。

テーブルの狭い場所にボウルを無理やり置こうとし、コップを押して、なみなみ入ったアップルティーを倒す。


といわけで、全員やらかしたキャンプはめいの宿題の日記のネタになりました。



画像
画像

豚汁はなくとも、豪華な朝ごはんできたよ!


この、朝の光が射しこむ感じが、たまりませんね♪
画像
たたずむミク。




















画像

今年、初、スイカ。

画像

画像


そして、おまけ。
ぼくも、毛、切ったよ!!
画像

男前~


でも、こないだ、ママが買ってきたばかりのきな粉を、みんなが少し留守にしている間に、どうしても、どうしても我慢できなくて、やぶいて、食べちゃったワン・・・
画像

白いマットが・・・・(泣)



めっちゃ怒られたワン。
ママ、鬼になったワン。

ママ、絶交!ってゆって、しばらく口きいてくれなかったワン。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック