ブラボーチャーリー。

こっちでの会話。

専門用語とかいっぱいあって未だによくわからん言葉はいっぱいあります。
その中でも、色んな人が無線ラジオでよく使ってるけど意味が解らない言葉が気になりだしました。


それが、“ブラボー”と“チャーリー”。


ブラボーってスタンディングオーベーションの時に使うってくらいは知ってるけど、明らかに使い方が違う。
『あの反応器、ブラボーのヤツを…』って使い方をしてる。意味不明。

チャーリーに関しても同じで『1203チャーリーがさぁ』って使い方。全くもって意味が解らん。
そもそもチャーリーって名前やん。


これは辞書にも載ってなかった。世界最強の辞書、googleにも載ってない。
googleに載ってないとどうしようもない。


たまに“ブラボーチャーリー”って連続で使ってるし。
チャーリーって人が仕事で成功したのか???


注意深く会話を聞いてるとやっとわかりました。

ブラボー  = アルファベットの“B”
チャーリー = アルファベットの“C”

これをgoogleで検索すると、一応出てくる。なんでも無線で使う言葉らしい。誤解をなくすためにこんな使い方をするのね。納得。


現場では携帯の使用は厳禁で、無線ラジオを使ってるんやけど、こんな言葉が散乱してます。


他だと無線会話の最後に、“コピー?”って聞いてきます。

何だ急にコピー?って。同じ事を言えってのか?と思って同じ内容を言っても変な反応をされる。
人によってはゴピーとかゴピザにも聞こえるし、何言ってんの?と、ずーーーーーと気になってました。
これは今日、やっとわかりました。

copy? = わかったか?この野郎
copy that(ゴピザと発音) = 了解

って意味らしい。なんじゃそりゃ。“複写”って意味のかけらもないやん。


けど明日から使おうっと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック