ボントラ

今日、一番困ったこと


パパごん、薬品が入った200kgくらいのドラム缶2つを倉庫から現場まで運ぶ仕事をしていました。

現場で初めて任された仕事で、新入社員の頃を思い出しながら走り回ってました。
昨日から現場を下見したり、書類を用意したり、とにかく人に聞きまくったり。

で、今朝いざ運ぼうとした時、
電話でやりとりしてた現場監督(もちろん外国人)が、

そういや“ボントラ”用意したの?


って聞いてきました。




は?

ボントラ?

何それ?

何回も聞き直しました。
聞き方によっちゃ“ブントラ”にも聞こえる。

昔から英語が苦手だったパパごんのボキャブラリーには全く当てはまらない英語単語。
最初は薬品の持ち出し許可書??とか思ったり、誰かの名前??かと思ったり。

紙の上で図面を描いたり計算したりといった設計業務ばっかりしてたので、現場では知らない単語ばっかりです。

日本だと、後で誰かに聞けばいいやとか甘えてた部分があったけど、
こっちじゃ意味不明のままだと仕事にならない。

なわけで、“ボントラ”について何回も説明してもらいました。



あー納得、つまりなんかドラム運ぶものね。
重いから人の手じゃ運び出せないってことか。
フォークリフトみたいなヤツのことを“ブントラ”って言うのね、と想像しました。

そんなん倉庫にあるもんだと思ってたら、無いらしい。



そこで、

“ハーイ、○○さん。ボントラ用意してくれない。ドラム缶運ぶのに必要なんだ。”

ってかんじで、電話で現場監督に依頼しました。


で待ってるとボントラが来ました。

それが。。。



とてつもないでかいクレーン車
(まだ写真撮れないのでイメージはこんなん↓)
画像




たかがドラム缶2個のために。
かんなり驚いた。


まぁいいやと思って運ぼうとした時、雨が降ってきて作業中止。
なんじゃそりゃ。

結局明日に延期です。

実はパパごんの書類に不備もあって、今日は搬入できなかったから、おあいこ。


で、“ボントラ”とはいったい何なのか?
どんなスペルなのか?

officeに帰って色々調べてみた結果、

Boom Truck

でした。


英語の辞書にも載ってねー

けどgoogleで検索すると出てくる。
変なの。
こんな単語、工事現場で働かないと使わないんだろーな。


泥だらけになって経験した単語は一生忘れないはず。


ボントラ ボントラ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック